(仮)日本国憲法第9条 改憲草案について

ここでは、日本国憲法第9条の改憲草案のみについて解説する予定です。

まだ書いていませんのでしばしお待ちください。

他の条文の解説記事を読んでいっていただければ嬉しいです。
現憲法第9条は以下!

目次

自民党による言い分:Q&A形式にて

民党がこのように第9条を改正した理由については、
日本国憲法改正草案Q&A増補版をもとにQ&A形式で紹介していきます。
(そのまま引用するとわかりにくいので)

戦争の放棄についてはどのように考えているのか?

「放棄する」は「戦争」のみにかける。
「戦争」とは、宣戦布告をして行われるものをさし、国際法上違法とされている。

「国際紛争を解決する手段として」は戦争に至らない「武力による威嚇」「武力の行使」のみにかける形とした。

この憲法にて禁止されるのは「戦争及び侵略目的による武力行使」のみ。
自衛権の行使や国際機関による制裁措置は禁止されていないものと考えている。

「戦争」以外の「武力の行使」「武力による威嚇」とは?

以下の3つのケースに類型化できる。

  1. 侵略目的の場合
  2. 自衛権の行使の場合
  3. 制裁の場合
この第9条で禁じていることとは?

この条文にて明確に禁じているのは

  • 戦争(宣戦布告によって始まるもの)
  • 侵略目的による武力行使

この2つのみである。

自衛権の行使や国際機関による制裁措置は禁止されていないものとする。

戦力の不保持や交戦権の否認を定めた現行9条2項を削ったのはなぜ?

自衛権の行使に対する制約をなくすため。
そのため、改正草案においては「自衛権の発動を妨げるものではない」と明記した。

「自衛権の発動を妨げるものではない」としたら、政府の判断だけが行使の根拠になるのでは?

法律の根拠が必要。
よって「国家安全保障基本法」のような法律を制定して、いかなる場合にどのようあ要件を満たすときに自衛権が行使できるのか、明確に規定する。

「自衛隊」を「国防軍」という言葉にしたのはなぜ?

独立国家が、その独立と平和を保ち、国民の安全を確保するために軍隊を保有することは常識である。
だからこそ、独立国家としてよりふさわしい名称にすべきであるということで「国防軍」とした。

国防軍が行うことのできる活動をわかりやすく
  1. 日本の平和と独立 並びに 国及び国民の安全を確保するための活動
  2. 国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動
  3. 公の秩序を維持し、又は国民の生命もしくは自由を守るための活動
    (治安維持、邦人救出、国民保護、災害派遣など)
国際平和活動へ参加できないのでは?

参加できる。

9条の2第3項にて「国際社会の平和とお畔を確保するために国際的に協調して行われる活動」を行えることを規定したので、国際平和活動への参加は可能である。

また、集団安全保障における制裁行動への参加も可能とした。

国防軍に審判所をおくのはなぜ? 裁判所でいいのでは?

審判所とは、いわゆる軍法会議のこと。

軍事上の行為に関する裁判は軍事機密を保護する必要がある。また、迅速に実施する必要があるため、審判所をおくことを規定した。

具体的なことは法律で定めるが、裁判官や検察、そして弁護側においても、主に軍人の中から選ばれることとなるだろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次