【憲法第102条の解説】任期6年である参議院議員の第一期の扱いについて

こちらは日本国憲法第102条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第102条【参議院議員の任期の経過的特例】

意訳

第一期の議員たちの半数は、任期を3年と定める。対象者は別途法律で定めるものとする。

原文

この憲法による第一期の参議院議員のうち、その半数の者の任期は、これを三年とする。その議員は、法律の定めるところにより、これを定める。

この第102条が伝えたいポイント

第46条にて参議院議員の任期は6年、かつ3年毎に半数を改選で入れ替えることが定められている。
その半数改選をスムーズに行うための調整として、第一期では半数の議員の任期は3年だけとしていた。

当時の定員は250名。
そのうち、下位当選者125名の任期を3年とすることで、3年毎の改選がスムーズにいくようにしました。

自民党による改正草案について

この条文は現憲法を施行した時の「補則」のため、改正草案の対象外です。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第102条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第102条を更に深堀してみよう

要点:第一期のみ、半数の議員の任期は3年だった

この条文は第46条で定められている、参議院議員の任期の補則です。
第一期においてのみ任期3年の議員を半数入れておくことにより、3年毎の改選ができるようにしたものです。

なお、対象者は当時の「参議院議員選挙法」の附則にて以下のように定められていました。

  • 上位当選者(125名)は任期6年
  • 下位当選者(125名)は任期3年

※参議院議員選挙法は1950年(昭和25年)に「公職選挙法」として他の法律と統一・整備されました。

後記

この補則条文により、第二期以降は無事3年毎の改選・任期6年というのを滞りなく行えているのですね。

この第102条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
下記の投げ銭もしくはAmazonギフト(Eメール)にてサポートでもしていただけると大変励みになります。
picto2021kenpo★gmail.com
※★を@へ変更

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる