【憲法第102条の解説】任期6年である参議院議員の、第一期の扱いについて

日本国憲法第102条 参議院議員の任期の経過的特例

こんにちは、ぴくとです。(今後の予定とお願いはこちら

憲法第46条にて、参議院議員の任期は6年と定められています。
そのうえで、3年毎に半数を改選によって入れ替えるともしています。

では、第一期についてはどうだったのでしょうか?
任期が6年なのに憲法第46条の通りに改選したら、半数の任期は3年となってしまい、憲法と矛盾してしまいますよね。

ですが、こういったことも憲法にて定められていました。
なお、これについては「補則」の章に収められています。

目次

条文:第102条【参議院議員の任期の経過的特例】

この憲法による第一期の参議院議員のうち、その半数の者の任期は、これを三年とする。その議員は、法律の定めるところにより、これを定める。

第102条の解説

この日本国憲法によって定められている参議院議員においての補則条文。
第一期の議員たちの半数は、任期を3年と定める。対象者は別途法律で定めるものとする。

この条文は第46条で定められている、参議院議員の任期の補則です。
第一期においてのみ、任期3年の議員を半数入れておくことにより、3年毎の改選ができるようにしたものです。

なお、対象者は当時の「参議院議員選挙法」の附則にて以下のように定められていました。

  • 上位当選者(125名)は任期6年
  • 下位当選者(125名)は任期3年

※参議院議員選挙法は1950年(昭和25年)に「公職選挙法」として他の法律と統一・整備されました。

憲法改正草案との比較

削除

不要ですもんね。

解説のまとめ

第102条は第46条で定められている参議院議員の任期に関する補則である。
当時の定員は250名。そのうち、下位当選者125名の任期を3年とすることで、3年毎の改選がスムーズにいくようにしたものである。

細かいところまで工夫がなされていたのですね。
なお、第46条についてはこちらにて。

目次
閉じる