【憲法第46条の解説】参議院議員の任期

日本国憲法第46条 参議院議員の任期

こんにちは、ぴくとです。(今後の予定とお願いはこちら

衆議院議員の任期も憲法にて定められているのなら、参議院議員についても当然のように……ということで、はい、こちら!

おっと、衆議院議員の任期についてまだ読んでいない人は是非こちらも読んでくださいねー!

目次

条文:第46条【参議院議員の任期】

参議院議員の任期は、六年とし、三年ごとに議員の半数を改選する。

第46条の解説

参議院議員の任期は6年。
3年毎に、参議院にいる半分の議員を選挙で入れ替える。

参議院には、衆議院のような「解散」はありません。ですので、一度「参議院の議員」として当選すれば、6年間の任期を全うすることが求められます。

それは、参議院には「政党や派閥を超えて、冷静な議論を行う場」であることを求められているからです。そのため、安定性を保つために「解散無し・任期6年」となりました。
その一方で、6年毎に構成が急激に変わってしまうことを防ぐためにも、3年毎に半数が入れ替わります。

ところで、3年毎に半数が入れ替わるということは、第一期はどうなっていたのでしょうか?実はこれ、憲法で別途定められているんです。参議院議員の第一期においてのみ、半数は任期3年とすると。

憲法改正草案との比較:第46条

変更なし

解説のまとめ

安定性継続を目的とし、参議院議員の任期は6年とする。ただし、6年毎に急激に政党構成比率が変わることは望ましくないので、3年毎に半数を入れ替えていく。

※第一期のみ、半分の議員の任期は3年間だけだった。そうすることで、今は3年毎に半数が任期6年を迎えられるようになっている。

参議院議員には、本来の役割を思い出して、もっと頑張って欲しいものです。そして、参議院で否決された法案は、衆議院は数で押し直すんじゃなくて、検討し直して欲しいのですが、ね。うーん。

目次
閉じる