【日本国憲法第2条の解説】皇位は世襲制とする

日本国憲法第2条

日本国憲法第2条では、皇位は世襲制である、ということについて書かれています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第2条【皇位の世襲】

皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。

第2条の解説

天皇という地位は現天皇の子供、更にその子供……という風に受け継いでいくものとする。詳しいことは、国会で決めた「皇室典範」という法律に従う。

■要点①:天皇は誰もがなれるものではない

一般人が、何かしらの方法でひょいっと天皇になる。
そういったことは一切できません。あくまでも、現在の天皇の子どもにしかなれません。

■要点②:皇室典範は国会で決める

もし天皇に子どもがいない時はどうするか。
子供はいても、なんらかの事情によって天皇を引き継ぐのは難しいと思われる場合はどうするか。

こういったことも含め、皇室に関する規程が定められている法律を「皇室典範」と言います。

この皇室典範ですが、かつては国会の権限も及ばない、憲法と肩を並べるほどの強いものでしたが、今は憲法>皇室典範です。皇室典範も法律の仲間ですから、国会で議論して中身を変更することもできるのです。

■要点③:平成⇒令和になった時は「特例法」が設けられた

皇室典範第4条に「天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する。」とあります。
つまり、天皇陛下がご存命の最中に譲位できるかどうかということは定められていないのです。「死ぬまで天皇陛下でいるよう定められている」のですね。

ですので、特例法を設けて、平成時代の天皇陛下の生前退位を認めました。
ちなみに、この特例法は平成の天皇陛下に限られたものなので、令和時代の天皇陛下も生前退位を希望された場合はまた改めて特例法を設けるか、皇室典範そのものの改正に手をつけなければなりません。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第2条

現行憲法から特段変更はありません。

まとめ

皇室典範の改正についても色々議論がなされていますね。
生前退位のこともそうですが、女系天皇を認めるかどうか、ということについても。
このことについても改めて整理して記事にしてみたいと思います。

目次
閉じる