【日本国憲法第57条の解説】会議は公開が原則。ただし、例外あり。

日本国憲法第57条

日本国憲法第57条では、会議は公開が原則であること、そして例外について書かれています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第57条【会議の公開と会議録】

両議院の会議は、公開とする。但し、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。


両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるもの以外は、これを公表し、且つ一般に頒布しなければならない。


出席議員の五分の一以上の要求があれば、各議員の表決は、これを会議録に記載しなければならない。

第57条の解説

衆議院・参議院ともに会議は公開とする。ただし、出席議員の3分の2以上が賛成した場合は秘密会を開くことができる。


衆議院・参議院ともに、会議の内容は記録して一般に公表し、多くの人が知ることのできるようにしなければならない。ただし、秘密会の中で特別に認められたものだけは、公表しなくてもよい。


出席議員の5分の1以上の要求があれば、各議員がどのような表決をしたのかを会議録に書かなければならない。

■要点①:公開が原則

国会というのは国民の監視下で行われるものです。

ですので、会議は公開が原則であり、会議録も、いつでも誰でも見られるようになっています。

官報(外部リンク、別ウィンドウで開きます)

■要点②:「委員会」はまた別

ここがややこしいのですが、公開が原則とされているのは「本会議」なのですね。
本会議というのは、皆さんがイメージしている会議、そうです、国会中継されているあれです。

その本会議に議案として出す前に、数名の議員だけで事前に調査したり議論したりしています。それを「委員会」と言います。予算委員会がその代表格です。
この委員会は国会法にて非公開にすることが認められています。ただし、報道の任務にあたる人や、その他委員長の許可を得た人は傍聴することができます。

■要点③:秘密会とは

では、秘密会とはなんでしょうか。

要点②にて、委員会も非公開だが、報道機関の人等の傍聴は可能だと書きましたね。

ですが、秘密会となると、出席議員以外は一切傍聴することができません。
とはいえ、本会議で秘密会が行われたことはありません。実際、この条文でも「3分の2以上の賛成」がなければ秘密会を開くことはできないとありますので、全議員与党にでもならない限り、今後も開かれることはないでしょう。

■要点④:第3項はむしろ……

第3項の内容をちょっとおさらいしてみましょう。

出席議員の5分の1以上の要求があれば、各議員がどのような表決をしたのかを会議録に書かなければならない。

これはつまり、要求がない限りは「誰が賛成したのか。誰が反対したのか」までは会議録に書かなくてもいい、ということなんですね。

これ、個人的にはおかしいと思っています。
誰がどの議案に賛成して、反対したのか。そういったことも私たちは知る必要があると思います。

そうしないと、

その議員は本当はどんな考えなのか。
選挙のときの公約を守ろうとしているのか。
次の選挙の判断材料は?

こういったことわからないわけですよ。
国会議員は私たちの代表です。でもだからといって、無責任になにもかも委ねているわけではないはずです。

それに、国会議員のお給料は私たちの税金なわけです。
だからこそ、誰がどのような考えを持っているのかというのは詳らかにしてもいいのではないか、そういう風に考えています。

それとも皆さん、めちゃくちゃ後ろめたいんですかね?

自民党による憲法改正草案との比較:草案第57条

両議院の会議は、公開しなければならない。ただし、出席議員の三分の二以上の多数で議決したときは、秘密会を開くことができる。


両議院は、各々その会議の記録を保存し、秘密会の記録の中で特に秘密を要すると認められるものを除き、これを公表し、かつ、一般に頒布しなければならない。


出席議員の五分の一以上の要求があるときは、各議員の表決を会議録に記載しなければならない。

まとめ

国会の内容は公開が原則です。
なので、もう一歩進んで、賛成・反対を表明した議員リストなんてのも載せるようになればいいのですが……。そうすれば議員のみなさんももう少し腰を据えて、国民の方を見て仕事をしてくれるようになるかもしれません。

目次
閉じる