【日本国憲法第58条の解説】議長他役員選出をすること

日本国憲法第58条

日本国憲法第58条では、議長等役員選出をするよう定められています。
また、規律を乱した議員に対しての懲罰についても書かれています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第58条【役員の選任及び議院の自律権】

両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。


両議院は、各々その会議でその他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、又、院内の秩序をみだした議員を懲罰することができる。但し、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

第58条の解説

衆議院・参議院のどちらも、議長やその他の役員を選び出すこと。


両議院は、それぞれの議院の中での様々な規律を作ることができる。そして、議院内の秩序を乱した議員を罰することもできる。
ただし、議員を辞めさせるには、出席議員の3分の2以上の賛成を必要とする。

■要点①:議長は議員による選挙で決める

総選挙が行われて議員が一新したら、まず最初に議長を決めなければなりません。

国会法にて、国会を開くときに議長・副議長がいない場合は、最初に選挙で決めるように定められています。その際、議長が決まるまでは事務総長が代行します。

そして、議長が決まってから、その新議長のもとで国会の開会式が行われます。

※事務総長は国会議員ではなく、国家公務員です。議長の指名によって就任することが通例です。ですので、新たな議長が決まるまでは、前議長の指名によって就任した事務総長が、議長代理を行うということのようですね。

■要点②:そのほかの役員とは

議長・副議長のほか、常任の委員長がいます。
こちらは衆議院、参議院ともにHPにて公開していますので、興味のある方は見てみてください。

※外部リンク、別ウインドウで開きます。
衆議院
参議院

■要点③:懲罰の種類

実は、憲法や国会法とは別に、衆議院規則そして参議院規則というものがあります。
ここにて様々なことが細かく決められており、その規則を守らなかった者、つまり秩序を乱した議員は懲罰委員会にかけられます。

これは議院の活動を円滑に進めるために、そして議院の自律性を守るためにあるのですね。

懲罰については国会法にて以下の4種類が定められています。

戒告

公開の議場で𠮟ること

陳謝

公開の議場で謝らせること

登院停止

一定期間、議院に出てこられなくすること(最大30日間)

除名

議員の資格をなくすこと
なお、意図的に除名させられることのないよう、出席議員の3分の2以上の賛成が必要です。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第58条

両議院は、各々その議長その他の役員を選任する。


両議院は、各々その会議でその他の手続及び内部の規律に関する規則を定め、並びに院内の秩序を乱した議員を懲罰することができる。ただし、議員を除名するには、出席議員の三分の二以上の多数による議決を必要とする。

まとめ

規則や懲罰について、なんていうのでしょう、やる気のない国会議員ももっとちゃんと罰せられるようにしてほしいものですよね……。

居眠り議員、出席率の低い議員、質問に答えない議員、話を聞いていない議員、下品な野次(差別用語等)を発してばかりの議員などなど。

目次
閉じる