【憲法第42条の解説】日本の国会は2つの議院から成り立っている

こちらは日本国憲法第42条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第42条【二院制】

意訳

日本の国会は、衆議院・参議院の2つの議院から成り立っている。

原文

国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する。

この第42条が伝えたいポイント

日本の国会は「衆議院・参議院」という二院制です。
目的は以下の通り。
・より多様な民意の反映を目指すため
・衆議院の暴走を参議院が止めるため

自民党による改正草案について

この条文については変更なしです。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第42条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第42条を更に深堀してみよう

要点①:二院制の目的とは

日本の国会は、衆議院・参議院の2つの議院から成り立っています。
このように2つの議院から成り立つ政治システムを「二院制」もしくは「両院制」と言います。
このような政治システムを採用した目的は以下の通りです。

  • より多様な民意の反映をめざすため
  • 衆議院の暴走を参議院が食い止めるため

議院が2つあることで、より多くの人が議論に参加できる体制になります。
かつ、1つの議院(衆議院)で議論した内容を参議院で改めてより深く議論することで、
衆議院の暴走を防ぐことができるという目論見もあります。

要点②:参議院の本来の存在意義:良識の府

本来の参議院は、政党や派閥を超えて、冷静な議論を行う場であるべきです。
良識の府」とも呼ばれているぐらいですからね。

ですので、例え政党の構成比率が衆議院・参議院でほぼ同じになっていたとしても、
参議院である以上は、そのような信条をもって審議に挑むべきではないでしょうか。

だからこそ、いわゆる「ねじれ国会」(政党構成が衆議院と参議院で逆の状態)であった方が、
本当は国民のためになっているのだろうと思います。

とはいえ。
参議院で否決されても、再び衆議院で議論するという体制であるため、
参議院を軽んじている衆議院議員が増えてしまっているような気がしてなりません。
ここ、本来ならば「参議院で否決されたから、もう一度丁寧に議論しよう」が正しいのではないでしょうか。

後記

国会が衆議院・参議院の二院制を採用しているのは、より丁寧な審議ができることを目的としているからです。

このことから考えれば、ねじれ国会でも本当は問題ないはずです。
参議院で否決された内容は、むしろ衆議院は更に丁寧に考え直せばいいだけです。

ねじれ国会でなかった場合でも、参議院議員になった時点で、政党や派閥のことはさておくべきだと思います。
良識の府という呼び名に恥じない仕事をしてほしいものですね。

この第42条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
下記の投げ銭もしくはAmazonギフト(Eメール)にてサポートでもしていただけると大変励みになります。
picto2021kenpo★gmail.com
※★を@へ変更

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる