【憲法第43条の解説】両議院は国民の代表者の集まりである

こちらは日本国憲法第43条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第43条【両議院の組織】

意訳

選挙で選ばれた人たちは、 日本国民全体の代表者として衆議院または参議院のメンバーになる。

2
衆議院・参議院の定員数は、この憲法ではなく法律(国会法)にて別途定めるものとする。

原文

両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。

2
両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

この第43条が伝えたいポイント

衆議院・参議院の議員は、国民の代表として選挙で選ばれた人たちである。
それぞれの議院の定員数は公職選挙法という法律にて定めるものとする。

自民党による改正草案について

この条文については変更なしです。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第43条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第43条を更に深堀してみよう

要点①:「国民全体の代表」扱いとなる

選挙で選ばれた人たちは「自分の選挙区の人々の代表」ではなく「国民全体の代表」扱いとなります。

これは第41条にて「国会は日本の最高機関」だと明記されているからです。

だからこそ、当選した議員は「次も当選したいから自分の選挙区の人だけに便宜を図る」のではなく、
「日本全体のこと」を考えて職務に励むべきなんですよね。

要点②:定員は法律(公職選挙法)にて別途定められている

定員に関しては公職選挙法という法律にて定められています。

 衆議院参議院
定員465人248人
任期4年6年
解散有り無し
資格満25歳以上満30歳以上
補足解散したらその時点で任期満了3年毎に半数改選で入れ替え

※参議院の議員数は現在245人。2022年の選挙によって248人となる予定。

改正草案原文:第43条

この条文については特に変更なしです。

後記

国会議員の選挙の時は「自分たちの住んでいる地域を優遇して欲しい」ではなく、
「日本全体を良くしてほしい」という視点から投票するようにしたいものですね。

日本人にありがちな

「地元代表!」
「地元から有名人が出るかもしれない!」

なんて考えで入れるのではなく、
「この人は本当に日本全体のことを考えた政(まつりごと)をしてくれるだろうか?」と。
そんな風に考える人が増えればいいと改めて願います。

この第43条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
下記の投げ銭もしくはAmazonギフト(Eメール)にてサポートでもしていただけると大変励みになります。
picto2021kenpo★gmail.com
※★を@へ変更

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる