【憲法第43条の解説】両議院は国民の代表者の集まりである

日本国憲法第43条 両議院の組織

こんにちは、ぴくとです。(今後の予定とお願いはこちら

さっそく憲法第43条を見ていきましょう!

目次

条文:第43条【両議院の組織】

両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。


両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

第43条の解説

選挙で選ばれた人たちが、衆議院または参議院のメンバーになる。この国会議員は、日本国民全体の代表者である。

衆議院・参議院の定員数は、この憲法ではなく法律(国会法)にて別途定めるものとする。

選挙で選ばれた人たちは、「自分の選挙区の人々の代表」ではなく「国民全体の代表」扱いとなります。

だから、国会は日本の最高機関という立ち位置になる、という第41条につながっていくのですね。

■定員は別途「法律」で定める

定員を憲法で定めなかったのは、時代の流れに臨機応変に対応するためなのかもしれませんね。
こちら、ちょっと一覧表にしてみます。

 衆議院参議院
定員465人248人
任期4年6年
解散有り無し
資格満25歳以上満30歳以上
補足解散したらその時点で任期満了3年毎に半数改選で入れ替え

※参議院の議員数は現在245人。2022年の選挙によって248人となる予定。

憲法改正草案との比較:第43条

現行憲法と同文(変更なし)です

解説のまとめ

選挙で選ばれた人たちが、国民の代表として衆議院・参議院の議員となる。それぞれの議院の定員数は法律にて定めるものとする。

国会議員の選挙の時は、「自分たちの住んでいる地域を良くしてほしい」ではなく「日本全体を良くしてほしい」という視点から投票するようにしたいものですね。

日本人にありがちな「地元代表!」「地元から有名人が出るかもしれない!」なんて考えで入れるのではなく、「この人は本当に日本全体のことを考えた政(まつりごと)をしてくれるだろうか?」と。そんな風に考える人が増えればいいと改めて願います。

目次
閉じる