【憲法第41条の解説】国会は最高機関であり、唯一の立法機関でもある

こちらは日本国憲法第41条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第41条【国会の地位】

意訳

国会は国家権力の中心である。そして法律を作ることができる唯一の機関でもある。

原文

国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

この第41条が伝えたいポイント

国会は「国民の代表機関」であるがゆえに、国の「最高機関」である。
また、法律を作ることができる唯一の機関でもある。

自民党による改正草案について

この条文については変更なしです。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第41条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第41条を更に深堀してみよう

要点①:国会が最高機関である理由

なぜ国会が最高機関であると定められたのでしょうか。

順番は前後しますが第43条にて「国会は全国民の代表者が集まりである」、
そして「日本の主権は国民にある」ことは第1条に規定されています。

それゆえに国民の代表機関となり、だからこそ最高機関でもあるとされました。

主権は国民にある➡そんな国民の代表者が集うのが国会➡ゆえに国会を最高機関とする

要点②:立法権は国会のみが持つ

三権分立の一つの立法権、つまり法律を作ることができるのは国会だけです。
「唯一の機関」となっている通りです。
裁判所はもちろんのこと、内閣でさえも、法律を勝手に作ることはできません。

なお、法律成立の手順については第59条にて規定されています。

後記

政治家は「国民の代表」です。
更に細かく言うと以下のようになります。

  1. 国民全体の代表
  2. 自分に、または自分の属する政党に入れてくれた人たちの代表

ですので、国会議員は正確に言えば「半代表」であり、バランス感が求められます。
「自分に都合のいい一部の国民のため」の代表では決してありません。

選挙ではこのこともよくよく考えて選ぶようにしたいものです。

この第41条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
下記の投げ銭もしくはAmazonギフト(Eメール)にてサポートでもしていただけると大変励みになります。
picto2021kenpo★gmail.com
※★を@へ変更

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる