【憲法第41条の解説】国会は最高機関であり、唯一の立法機関でもある

日本国憲法第41条 国会の地位

こんにちは、ぴくとです。(今後の予定とお願いはこちら

国会は立法機関であるというのは、小学生の社会で習ったことと思います。こちらも憲法にてきちんと定められているんですね~。

目次

条文:第41条【国会の地位】

国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

第41条の解説

国会は国家権力の中心である。そして法律を作ることができる唯一の機関でもある。

ここでいう「国権(国家権力)」というのは、国が有する支配権≒統治権のことです。

ところで、代表機関が最高機関となるのはなぜでしょうか?
実は、第43条にて「国会は全国民の代表者が集まりである」と規定されています。

それは、国民の代表者が集う場所、つまり国民に一番近い場所だから、なんです。それゆえに国民の代表機関となり、最高機関でもあるということです。日本という国における「主権」は「国民」にあるからという考えに基づく結果論となっている、というわけです。

そして、そんな国会は、日本において法律を作ることができる唯一の機関でもあるということも、この条文にてあわせて規定されています。

憲法改正草案との比較:第41条

現行憲法と同文(変更なし)です

解説のまとめ

国会は「国民の代表機関」であるがゆえに、国の「最高機関」である。また、法律を作ることができる唯一の機関でもある。

政治家は国民の代表でもあります。ですが、それだけではないんですよね。

  • 国民全体のために
  • 自分に、または自分の属する政党に入れてくれた人たちのために

だから、国会議員は正確に言えば「半代表」という存在であり、バランス感をもたなければならないはずなんです。

ですが、悲しいことに「一部の国民のため」にしか働かないくせして、「国民の代表である」と驕っている政治家が多すぎますね……。公約を反故にすることも平気になりすぎです。

目次
閉じる