【日本国憲法第49条の解説】国会議員のお給料については法律で決めよ

日本国憲法第49条

日本国憲法第49条では、国会議員のお給料に関することが規定されています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第49条【議員の歳費】

両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。

第49条の解説

衆議院・参議院ともに議員のお給料は、国民の税金から支払われるものとする。詳細については法律にて定める。

■要点

  • 歳費……お給料
  • 国庫……国民の税金

ざっくりいうとこういうことです。

給与額や払い方等は法律にて定めなさい、と規定されているのがこの条文です。

「相当額」というのは、「国会議員の働きにふさわしい金額」という意味であり、そして国会法にて以下のように定められています。

第35条 議員は、一般職の国家公務員の最高の給与額(地域手当等の手当を除く。)より少なくない歳費を受ける。

「少なくない」、つまり一般職の最高給与よりも多い金額にしろということですネ。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第49条

両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。

まとめ

今の国会議員、主に自民党の方の給与額は、「働きにふさわしい金額」とは全く言えないと言っても過言ではないでしょう。居眠りしても、私利私欲にまみれても、質問なんて聞いてなかったよ!言っても、高額って、ねえ。

目次
閉じる