【日本国憲法第80条の解説】下級裁判所の裁判官について’

日本国憲法第第80条では、下級裁判所の裁判官について書かれています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第80条【下級裁判所の裁判官】

下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。


下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

第80条の解説

下級裁判所の裁判官を任命するのは内閣である。ただし、人事権(誰を指名するか)というのは、最高裁判所が決める。
裁判官の任期は10年し、再任もできる。定年を迎えたら退官すること。


下級裁判所の裁判官は、定期的にそれなりの報酬をもらえる。この報酬は任期中に減額されることはない。

■要点

第79条は最高裁判所について規定されている条文でしたが、こちら第80条は下級裁判所についての規定となります。

下級裁判所においても、裁判官を任命するのは内閣です。
ですが、実際に人事権を握っているのは最高裁判所です。最高裁判所が選出した名簿を内閣に提出し、それを基に内閣が任命するという流れになっています。

その他、任期が10年であることや報酬に減額がないということは、最高裁判所裁判官と同じです。

下級裁判所の種類と定年
  • 高等裁判所…定年65歳
  • 地方裁判所…定年65歳
  • 家庭裁判所…定年65歳
  • 簡易裁判所…定年70歳

自民党による憲法改正草案との比較:草案第80条

下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によって、内閣が任命する。その裁判官は、法律の定める任期を限って任命され、再任されることができる。ただし、法律の定める年齢に達した時には、退官する。


前条第5項の規定は、下級裁判所の裁判官の報酬について準用する。

まとめ

下級裁判所も、任期10年・再任有り、報酬の減額無しです。
ちなみに、罷免に関しては「弾劾裁判」のみです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる