【日本国憲法第5条の解説】摂政=天皇の代理人について

日本国憲法第5条

【お知らせ】
改正草案においては、組み換えや新設が多いため別記事(作成中)にしました。
この記事においては現憲法の説明のみにとどめています。

こちらは日本国憲法第5条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第5条【摂政】

意訳

皇室典範の定めによって摂政になった人は、天皇の代理を務める。
なお、その場合でも、第4条第1項に従う。
(代理でも、仕事の範囲は憲法にて定められているもののみであり、国の政治に関わることはできない。)

原文

皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。

この第5条が伝えたいポイント

・天皇が18歳未満の時
・天皇が重い病気にかかり、天皇の仕事ができない時

このような時は摂政、つまり天皇の代理を立てることができます。
摂政になれるのは、皇族であり成人していることが条件です。
また、資格を与えられる順番も決められています。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第5条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第5条を更に深堀してみよう

要点①:摂政とは?

そもそも「摂政」とはなんでしょうか。
日本歴史の勉強の時にも出てくる言葉なので、耳にしたことのある方も多いと思います。

そして、この現代での憲法においても「天皇の代理人」という意味でこの言葉を用いています。

要点②:摂政がおかれるのはどんな時?

皇室典範では以下の2点のときだと定められています。

  1. 天皇がまだ未成年の場合
    例えば天皇が崩御されたとき、次天皇がまだ未成年ということもありますね。
    この場合は摂政をおくよう定められています。
    なお、この場合の未成年は「18歳未満」のことをいいます。
  2. 天皇が病気等で職務を全うすることができない場合
    この時は内閣総理大臣が「皇族会議」を開いて相談します。

要点③:摂政になれるのはどんな人?

皇族でかつ成年であること、それが最低条件であると皇室典範にて定められています。
そして、優先順位は以下のようになっています。

  1. 皇太子または皇太孫
  2. 親王または王(親王:天皇の男の子供と男の孫/王:天皇から三代以下の男の子供)
  3. 皇后(天皇の妻)
  4. 皇太后(前の天皇の妻)
  5. 太皇太后(前の前の天皇の妻)
  6. 内親王または女王(内親王:天皇の女の子供と女の孫/女王:天皇から三代以下の女の子供)

後記

天皇とて人間です。
ですから、なんからの理由で職務を全うできない時があるかもしれません。

そのような時にどうするか?とういことについても、憲法にて定められています。
なお、その場合も権限の範囲は勿論天皇と同じです。

この第5条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

この第5条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる