【憲法第52条の解説】毎年一回、国会を開くこと

こちらは日本国憲法第52条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第52条【常会】

意訳

毎年一回は通常国会を開くこと。

原文

国会の常会は、毎年一回これを召集する。

この第52条が伝えたいポイント

日本国憲法にて、毎年一回国会(通常国会)を開くことが定められています。

自民党による改正草案について

何をどう変えようとしている?

会期については法律で定める旨を明記してきました。

問題点は?

現状と変わりないので、特に問題はありません。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第52条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第52条を更に深堀してみよう

要点①:常会(通常国会)について

年に一回は必ず国会を開くよう憲法について定められています。
そして、詳細については「国会法」という法律にて別途定められています。
現在は以下のようになっています。

  • 毎年1月中に召集すること
  • 会期は150日間とする
  • 1回のみ延長可能
  • 会期中に議員の任期が満了もしくは解散となった場合は、その後臨時国会を必ず開くこと

基本的には1月中旬~下旬に開催され、6月中旬~下旬に閉会、という流れです。

なお、1回だけ認められている延長ですが、期間に決まりはありません。
理屈上は、翌年の通常国会開催の前まで延長することが可能です。

改正草案原文:第52条

※赤文字が変更箇所です

通常国会は、毎年一回召集される。

2
通常国会の会期は、法律で定める。

現在も会期の詳細は法律(国会法)にて定められています。
その旨を明記したという感じです。

後記

通常国会にて予算や政策、法律等色々が議論が交わされています。
もしも、この第52条がなかったら。
通常国会を開くことが義務付けられていなかったら、国会が開かれない年度もあったのだろうか、
なんてことも考えてしまいます。

この第52条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
下記の投げ銭もしくはAmazonギフト(Eメール)にてサポートでもしていただけると大変励みになります。
picto2021kenpo★gmail.com
※★を@へ変更

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる