【憲法第52条の解説】毎年一回、国会を開くこと

日本国憲法第52条 常会

こんにちは、ぴくとです。

国会開催についても、憲法にて定められています。

目次

条文:第52条【常会】

国会の常会は、毎年一回これを召集する。

第52条の解説

日本国憲法にて、毎年一回国会(通常国会)を開くことが定められている。

国会開催についても、憲法について定められています。

そして、更なる詳しいことは「国会法」という法律にて、現在は以下のように定められています。

  • 毎年1月中に召集すること
  • 会期は150日間とする
  • 1回のみ延長可能
  • 会期中に任期が満了もしくは解散となった場合は、その後臨時国会を必ず開くこと

基本的には1月中旬~下旬に開催され、6月中旬~下旬に閉会、という流れですね。

憲法改正草案との比較:第52条

通常国会は、毎年一回召集される。


通常国会の会期は、法律で定める。

改正案においては、会期についてどうするのか、ということも明記されました。
こちらは今も変わりませんので、取り立てて問題ないと思われます。

解説のまとめ

国会(通常国会)は年に一回、必ず開くよう憲法にて義務付けられている。
※会期や時期についての詳細は、国会法という法律にて別途定められている。

この国会にて、予算や法律等色々が議論が交わされているわけです。これが国会議員の仕事でもあるわけです。居眠りや動画を見るなど言語道断。

自衛隊が勤務中に10分間居眠りしただけで停職処分をくらっているんですよね。国会議員に対しても、このような決まりもつくればいいのにね……。

目次
閉じる