【憲法第53条の解説】臨時国会開催についての規定

日本国憲法第53条 臨時会

こんにちは、ぴくとです。

臨時国会、議員の1/4以上の要求があったら開催しなければならないということ、ご存知でした?

ここでは、そのことについて書かれている条文を紹介していきます!

目次

条文:第53条【臨時会】

内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

第53条の解説

通常国会が終わった後も、必要に応じて内閣は国会を開くことができる。また、衆議院もしくは参議院の1/4以上の議員が臨時国会の開催を求めた場合は、国会を開かなければならない。

通常国会は150日間(1回だけ延長可)ですが、閉会後も、社会の情勢に応じて議論が必要だと思われた場合に臨時国会を開くことができます。でないと、行政がストップしてしまいますからね~。

そのルールとしては、

  1. 内閣側からの召集
  2. 衆議院または参議院の1/4以上の議員からの要求があった場合

と、これは「憲法」にて定められています。

憲法改正草案との比較:第53条

内閣は、臨時国会の召集を決定することができる。いずれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があったときは、要求があった日から二十日以内に臨時国会が召集されなければならない。

現行憲法には、要求があった場合いつまでに開催しなければならないか、という期限の定めがありませんが、改正草案には明確に挟み込んできました。20日以内に開け、と。

その理由としては以下の通りです。

現行憲法では(中略)、臨時国会の召集期限については規定がなかったので、今回の草案では、「要求があった日から20日以内に臨時国会が召集されなければならない」と、規定しました。党内議論の中では、「少数会派の乱用が心配ではないか」との意見もありましたが、「臨時国会の召集要求権を少数者の権利として定めた以上、きちんと召集されるのは当然である」という意見が、大勢でした。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

これは珍しくまともな改正案だと思います。

■それにもかかわらず……

最初に、この「改正草案」というのは自民党から出ているんですね。
それにもかかわらず、2020年における安倍内閣は野党の臨時国会要求を無視しました

現行憲法でも開催を定められているので、この時点で明確な「憲法違反」なんですよね。そして、自分たち自民党で考えている改正草案には「20日以内に」とさらに明確な案を出しているというのに、それさえも反故にしてしまいました。

もしかしたら安倍氏はこの改正案には反対したかもしれないですね。自民党内でも反対意見があったみたいなので。

解説のまとめ

  1. 内閣が召集する
  2. 衆議院もしくは参議院の1/4以上の議員から要求されたとき

に、臨時国会を開催しましょう、と憲法で定められています。

ちなみに、安倍内閣は基本的に憲法を軽視していました。この件にしても明らかに憲法違反なのに、なぜどこからも罰せられなったのでしょう?

これはやはり、司法の弱さ・裁判所に憲法の専門家がいないことが最大の理由なのだろうと思います。この話は、こちらで書いていますので、まだ読んでいない人はよかったら是非。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!

目次
閉じる