【憲法第81条の解説】最高裁判所には憲法違反かどうかを見極める役割もある

日本国憲法第81条 最高裁判所の法令審査権

こんにちは、ぴくとです!(今後の予定とお願いはこちら

今回は憲法第81条です。
この第81条には、最高裁判所の役割について書かれています。
見ていきましょう!

目次

条文:第81条【最高裁判所の法令審査権】

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

第81条の解説

最高裁判所は、「違憲審査権」を持っています。
つまり、全ての法律や命令、規則や処分等が、憲法に違反していないかどうか(憲法の範囲内でやっているかどうか)を、最後に判断する権利を持っている、のだということを示した条文です。

国会が「合憲」として法律を作ったとしても、裁判所によって「違憲」だと判断されることもあります。国会も時には間違えたり、暴走したりするため、裁判所を最後の砦として機能させるという感じでしょうか。

裁判所にこのような権限を与えた根拠は、以下の3つと言われています。

  1. 憲法は日本国における最高法規であるがゆえに、それに違反する”法律”は違憲だと判断されるため
  2. 三権分立、つまり国会・内閣・裁判所は全くの対等な関係であるがため
  3. 人権を尊重するため(基本的人権が侵害される場合、それを救済するため)

なお、この条文では「最高裁判所が一番最後の裁判所」と言っているという意味であり、地方裁判所や高等裁判所等にも違憲審査権はあります。(それでも最終判断はやはり最高裁判所が下すようです)

憲法改正草案との比較:第81条

最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する最終的な上訴審裁判所である。

実際は地方や高等等の裁判所にも違憲審査権はあるため、言葉を変えた…というところだと思います。(この辺は調べてもわかりませんでしたが、多分そういうことかと)

実際は違憲審査に消極的な司法

日本の最高裁判所は憲法を軽視しがち(=法律を重視)とのことです。

■例えば、「選択的夫婦別姓訴訟」。

例えば、「選択的夫婦別姓訴訟」。
最高裁判所は、「すべて国民は、個人として尊重される」と憲法第13条に書かれているにも関わらず、法律を優先して考えてしまった結果、選択的夫婦別姓を認めなかったように。この場合は、法律が違憲(基本的人権を侵害している)とみなす方が正しかったのではないだろうか、と私も考えています。

憲法第98条でも明記しているように、憲法が最高法規であるにもかかわらず、です。

■司法が違憲審査に消極的な理由とは

色々調べていたところ、色んな資料の共通事項として挙げられていたのが、「憲法の専門家が裁判所にいない」ことが一因ではないか、ということでした。

実は、違憲審査をする機関……憲法裁判所というようなそういった類の機関がある国もいくつかあります。例えばドイツなどの一部のヨーロッパ、そして韓国等。でも、残念ながら日本にはありません。その違いはやはりものすごく大きいのだろうと思います。

また、日本も「三権分立」であるにもかかわらず、内閣法制局に憲法解釈権が事実上委ねられてしまっているがゆえに、恣意的なものとなりやすい(内閣法制局による解釈が優先されてしまう)という問題点もあります。

これも、根本は司法が消極的であること、日本の三権分立は「形」だけだということ、そして、やはり憲法への理解が浅い人が裁判所に集ってしまったことが大きいのだろうと、調べていて感じました。

憲法は実際、国民を縛るものではありません。(参考:憲法第99条)ですが、国民を縛る法律は、憲法に違反していてはいけません。それにもかかわらず、裁判所はこの辺りの認識を取り違えて軽視しているのでしょう。だから、「憲法は国民を向いていないから」と憲法を確認したり、法律が違憲かどうかを審査することもせずに、法律を優先してしまうのかもしれませんね。

正しいのは、まずはその法律が「憲法違反していないか?」をチェックしたうえで、国民を裁くという流れなのではないでしょうか。

解説のまとめ

裁判所には「違憲審査権」があり、法律や命令等が憲法に違反していないかどうかを見極めることができます。

しかし、三権分立がほぼ形骸化しているうえに、憲法の専門家が裁判所にいないというのが、今の日本の現実とのことです。

日本も憲法裁判所のような「違憲審査権の遂行に専念する」機関を設置してほしいものですね。そして、本当「三権分立」の確立を。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!

目次
閉じる