【日本国憲法第99条の解説】憲法の矛先は国民ではない!改正草案は問題アリ!

日本国憲法第99条 憲法尊重擁護の義務

日本国憲法の実質最後となっている、この第99条。
ここでは、憲法を守るべき人について書かれています。

……この「守るべき人」と聞いて、あなたは何をどう思い浮かべましたか?

実は「国民に対して、憲法を守れとは言っていない」んですよ。

え?!そうなの?!

と思われた方、意外と多いのではないでしょうか。
私たち国民が守るものでしょう?という風に。
そうではないんです。

そして、このことはご存知ですか?

自民党が出している改正草案では、憲法の矛先を「国民」に向けようとしているということを。

ここではそんな日本国憲法第99条について具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第99条【憲法尊重擁護の義務】

天皇または摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

第99条の解説

天皇や摂政、国務大臣、国会議員、裁判官やその他の公務員は、この憲法を大切にし、守り続ける義務がある。

■要点①:「国民」に憲法を守れとは言っていない

冒頭でも言いましたが、「国民」が入っていませんね。

そう、憲法というのは、国としての権力を持つ者が

 「国民に対してやってはいけないこと」
 「国民のためにやるべきこと」

が書かれているものなのです。

国家権力は憲法に基づいて政治を行いなさい、と言っているのですね。

国家権力を制限し、国民の権利・自由を守るために。

これを、「立憲主義」と言います。

■要点②:国民を制限するのは「法律」

では、国民は?無法地帯?
まさか、ですよね。
国民が守るように言われている決まり事。

それは「法律」です。

そんな法律を、国家権力が自らの都合のいいように決めてしまわぬように。
国民の権利・自由を奪うことのないように。
そういったブレーキの役割を果たしているのが「憲法」だとも言えるでしょう。

自民党による憲法改正草案との比較:第102条

全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。


天皇または摂政 国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。

■変更点:「国民」を追記・「天皇」を削除

現行憲法にはなかった「国民」という言葉をを追記したのみならず、第1項へ持ってきました。

■自民党による言い分

憲法も法であり、遵守するのは余りにも当然のことであって、憲法に規定を置く以上、一歩進めて憲法尊重義務を規定したものです。なお、その内容は、「憲法の規定に敬意を払い、その実現に努力する。」と言ったことです。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

公務員に関しては、同条2項で憲法擁護義務を定め、国民の憲法尊重義務とは区別しています。すなわち、国民としての憲法尊重義務に加えて、「憲法擁護義務」、すなわち、「憲法の規定が守られない事態に対して、積極的に対抗する義務」も求めています。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

政治的機能を有しない天皇及び摂政に憲法擁護義務を課すことはできないと考え、規定しませんでした。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

問題点:改正草案では立憲主義を全否定している

改正草案では、矛先を「国民」へ思いっきり向けてきました。

つまり、「憲法が国家権力を制限し、国民の人権を保障する」という立憲主義の全否定です。

加えて、2項の説明に入っている「積極的に対抗する義務」という文言にも怖さを感じます。
「憲法を守っていないとみなした国民に対して罰する」ことを積極的に認める、
つまり、その判断の匙加減が公務員(国家権力)に委ねられているようにも読めてなりません。

独裁政治がやりやすいように改憲したい(国家権力に力を持たせたい)という思惑が、この条文からも透けてみえます。

■「天皇及び摂政」という文言を削除した理由

改正草案では、天皇を「元首」にして、天皇の権力を強めようとしています。「政治的機能を持たない」ともっともらしく言っていますが、あえて天皇を外すことによって、「憲法にも支配されない天皇」を作る道を作ろうとしているのではないでしょうか。

「政治的機能を持たない」という答えを出したのは……。これは私の勝手な想像ですが、平成時代の天皇陛下の言動が本当に気に入らなかったのではないかと……。(この言葉は平成時代の天皇に向けているような気がしました。平成の間に憲法改正するつもりだったようですから)

日本国憲法第99条のまとめ

憲法は、国家権力の暴走を防ぎ、国民を守るためにあります

  • 憲法は、国民の権利・自由を守るために、国家権力を制限するもの
  • 国民を制限するのはあくまでも法律

憲法の矛先は国民ではないということ。
自民党は国民に向けたがっていること。

このことを理解している日本国民はどれだけいるでしょう?

憲法を全体を読むと、とにかく「国民を守ろう」としているのだというのが読み取れてきます。そんな憲法を自民党は変えたがっています。国民を守る気などさらさらないのですよ……。

目次
閉じる