【日本国憲法第97条の解説】第11条との違いは?なぜ改正案では削除?

日本国憲法第97条 基本的人権の由来特質

日本国憲法第97条では、憲法が国民に保障している基本的人権について書かれています。そして、こちらは自民党が提案している改正草案からは削除されている条文でもあります。

この記事では、以下の内容について解説しています。

  • 第97条の中身
  • 同じだと言われている第11条との違い
  • 改正案で削除された理由
  • 憲法そのものが目指しているもの

では見ていきましょう!

目次

条文:第97条【基本的人権の由来特質】

この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

第97条の意訳

憲法は、国民の基本的人権を守ることを約束する。
この基本的人権というのは、昔の人々の努力の結果である。
そうしてつかみ取ったこの権利は、現在そして未来の国民に受け継がれていくものだ。
この権利は、侵すことのできない永遠のものである。

日本国憲法第97条が一番伝えたいこと

憲法というのは、人権を守るために作られたものである。
基本的人権を侵すようなことは、「永遠に」あってはならないから。

第97条は「最高法規の章」に組み込まれているんですね。
そして、「日本国憲法」がなぜ最高法規なのか、ということを解いている条文であるとも言えます。

■要点①:なぜ憲法は「最高法規」なのか?

まず、そもそも憲法はなぜ「最高法規」なのでしょうか。
それは、

憲法というのは、人権を守るために作られたものだから。
基本的人権を侵すようなことは、「永遠に」あってはならないから。

だからこそ基本的人権を侵すことを許さない。

そう明確に宣言するために、「第10章 最高法規」のところに書かれているのです。

■要点②:基本的人権を保障するに至った経緯

ところで、この条文に基本的人権を保障するに至った経緯が書かれていることに気づいたでしょうか。

人々が、幾多の試練を乗り越えてきた努力の成果であるのだと。
そして、そうしてつかみ取ったこの権利は、永久の権利であると。

そんな風に、はっきりと書かれていることを意識してみてください。

■要点③:「信託」という言葉の重み

さらに、「信託」という言葉にも注目してください。

ここには「過去から預かった人々の思い・努力を、未来へ確実に届ける」という決意が込められているのです。

言葉を一つ一つ選んで、この条文を組み立てていったのだろうと想像しながら読んでみると、なんて素敵でそして重い条文だと感じませんか?

自民党による憲法改正草案との比較:削除

■自民党の言い分

現行憲法第11条と内容的に重複していると考えたため削除したものであり、「人権が生まれながらにして当然に有するものである」ことを否定したものではありません。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

自民党が削除理由として挙げた「第11条」についてみてみましょう。

【日本国憲法第11条】
国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

■確かに同じように見えるが……

確かに、条文だけを読めば同じ内容のように見えます。そのこともあって、「確かに同じだから削除してもいいよね」と思われた人もいるかもしれません。

しかし、ここでもう一度思い出してください、第97条が組み込まれている章を。

そうです、「最高法規の章」です。

それに対して、自民党が挙げている第11条は「第3章 国民の権利及び義務」のところなのです。

第97条が組み込まれてる最高法規の章とは分けて考える方が自然だと思いませんか?

そう、とにかく「人権を守る」ために。
だからこそ、第11条とは別に、あえて繰り返したのです。

なにしろ、同じ章に組み込まれている第99条にて「憲法を守るべきは国家権力である」としているのですからね。

■自民党の本音はおそらく……

自民党がそのことを理解していないはずがありません。
おそらく、わかっているからこそ、第10章(最高法規の章)から削除したかったのでしょう。

実は、自民党は第99条を改正することによって、憲法の矛先を国民へ向けたがっています。(再度確認:現行憲法において、憲法尊重の義務を言い渡されているのはあくまでも国家権力であり、国民ではありません)

基本的人権を軽んじているがゆえに。いや、軽んじたいからこそ。

ここで、もしかしたら

でも、自民党は「人権が生まれながらにして当然有するものであることを否定したものではない」と言っているじゃない?大丈夫じゃないの?

と思われた方もいるかもしれませんね。
しかし、本当にそうでしょうか?

憲法の矛先を国民へ向け、かつ最高法規の章から削除することの意味。
縛りを減らすことによって、曖昧な部分を増やしていくことによって、拡大解釈しやすくなるんですよね。そのことがどんな意味を持っているのか。

第11条も、改正案においては微妙な言葉を変えられてしまっていますしね。

解説のまとめ

憲法の最大の、いえ、究極の目的は「人権保障であり個人の尊重である」という価値の実現、そして守り続けることです。それを壊しては、決してなりません。

実は、改正案を読み進めていくと、この「人権」に対する表現の仕方がかなり曖昧になっていることがわかります。加えて、「人権は”国(国家権力)”が与えてやるものだ」という風に読み取れる表現になっているところもあるんですよね。

とりあえず、第97条についてはこれで終わりです!最後まで読んでくださってありがとうございます。

憲法の矛先は国民ではない、ということについても解説記事を用意していますので、続けて読んでいただけたら嬉しいです。

目次
閉じる