【憲法第98条の解説】憲法は日本における最高法規である

日本国憲法第98条 憲法の最高性と条約及び国際法規の遵守

こんにちは、ぴくとです!
ここは、日本国憲法に対する理解が少しでも深まるよう、あえて1条ずつ解説してみるというサイトです。よかったら最後までお付き合い下さいね!

今回は憲法第98条です。
この第98条は、「憲法は日本における最高法規(決まり)である」ということが書かれています。そのことを詳しく見ていきましょう!

目次

条文:第98条【憲法の最高性と条約及び国際法規の遵守】

この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。


日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

第98条の解説

憲法は日本の最高法規である、つまり、日本においてどんな決まり(法律や条例等)よりも、憲法が一番強い効力を持っているのだ、ということをこの条文で伝えています。

一般的に、決まり事というのは後からできたものの方が効力を持ちます。例えば、「〇〇年〇月〇日改正」と書かれた決まり事が効力を持っていたりしますよね。
ですが、あとから新設されたり改正されたりしたどんな法律でも、どんな条例でも、憲法より強いということは決してないのです。むしろ、憲法にそぐわない決まり事は全て無効だということも言っています。

そんな最高法規性をより確立するために、「違憲立法審査権」といって、憲法第81条にて、裁判所に違憲か否かを審査できる強力な力を与えています。(第81条の解説記事はまだです、すみません!)

それにもかかわらず、残念ながら今の裁判所は全くと言っていいほど仕事していないけどね……

ところで、この条文のひとつ前の第97条にて、憲法は国民の基本的人権を永遠に守ると約束しています。この条文はそこに続いているわけです。ものすごく重く、大切な流れです。

■第2項の解説

こちらは、外国との条約や国際社会における法規といった「約束事」も、誠実に守りましょうということを言っています。そのままです。

だから、某条約を必死で拒否しているんだろうね。

憲法改正草案との比較:変更なし

こちらは改正草案においても変更なしです。まぁ、この条文さえあれば、他の条文を改正して、この条文を振りかざしてしまえばいいんですかね。わざわざ変える必要はないといったところでしょうか。

解説のまとめ

日本においては、憲法が一番強い決まり事です。後から作られたどんな決まり事でもどんな行為でも、憲法にそぐわないものはすべて無効です。

裁判所、「憲法を守っていない国家権力」に対してもきちんと仕事をしてください。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます!

目次
閉じる