【日本国憲法第61条の解説】外国と条約を結ぶ場合も衆議院優越。

日本国憲法第61条

日本国憲法第61条では、外国との条約を結ぶ場合も衆議院に優越権があるよ、と書かれています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第61条【条約締結の承認】

条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

第61条の解説

外国との条約の締結にも国会の承認を要する。もし衆議院・参議院で意見が一致しなかった場合は、第60条第2項の規定に則る。

■要点①:条約締結にも衆議院に優越権が与えられている

条約とはつまり、日本と外国の間で結んだ決まり事、ですね。

条約に関しては、第73条によって内閣の職務のひとつとして挙げられています。ですが、その第73条にて、国会の承認も必要だということが規定されています。⇒第73条

その国会の承認も衆議院の議決を優先していいですよ、と書かれているのがこの条文です。
つまり算案と同じく、参議院で否決されたら、両議院による協議会で審議してね、と。もしその協議会でも意見をすりあわせられずに否決されちゃったら、衆議院での可決をそのまま適用しちゃっていいよ、となっています。

■要点②:条約締結の場合の審議は順番がきまっていない

ちなみに、条約に関する審議は、実は順番は特に定められていません。つまり参議院が先に審議しちゃってもいいみたいです。とはいえ、予算案や法律案のように、衆議院⇒参議院という流れが一般化しています。

■要点③:条約の修正権は、国会にはない

ちなみに、条約の内容について修正をかける権利は両議院ともに持っていないとされています。それは、第73条で定められてる内閣の条約締結権を侵害することになるためです。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第61条

条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

まとめ

条約については取り立てて「衆議院から先に決めよ(先議権)」とされているわけではありませんが、それでも衆議院が先に審議することが慣例化しているようですね。

まぁ、「参議院で否決されたら協議会を」となっているので、それを考えたら衆議院が先に審議する方が流れとしても望ましいですしね~。

目次
閉じる