【日本国憲法第63条の解説】国務大臣は議院から求められたら出席しなければならない

日本国憲法第63条

日本国憲法第63条では、国務大臣の国会への出席にに関して規定されています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第63条【国務大臣の出席】

内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有するしないとにかかはらず、何時でも議案について発言するために議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。

第63条の解説

内閣総理大臣や国務大臣は、議員でなくても、衆議院または参議院の会議にいつでも出席して発言することができる。また、議院から、質問や何かの説明のための出席を求められたら、必ず出席しなければならない。

■要点①:国務大臣は「〇議院」に属していない

内閣総理大臣は、たいてい衆議院議員から選ばれることが多いですが、実は参議院議員から選んでも問題ありません。これは国務大臣も同様です。

また、第68条にもあるのですが、国務大臣は国会議員でなくても構いません。(半分まで、という制限はありますが)

ですので、どの国務大臣でも、衆議院・参議院問わず、自由に出席して発言することができる権利がある、ということをこの条文で規定しています。

■要点②:呼ばれたら「必ず」出席しなければならない

議院の方から質問に対する答弁やなにかしらの説明を求められた場合、国務大臣に拒否権はありません。
必ず国会に出席しなさい、ということもあわせて規定……義務づけられています。

実は明治憲法にはこういったことは義務付けられていませんでした。出席する権利だけだったのです。
ですが、日本国憲法は「権力者を監視するために」作ったものなので、こういった意味でも国務大臣が逃げられないようにしっかりと義務付けたのですね。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第63条

内閣総理大臣及びその他の国務大臣は、議案について発言するため両議院に出席することができる。


内閣総理大臣及びその他の国務大臣は、答弁又は説明のため議院から出席を求められたときは、出席しなければならない。ただし、職務の遂行上特に必要がある場合は、この限りではない。

■自民党による言い分

ただし書きを追加した理由については以下のように述べています。

特に外務大臣などは重要な外交日程があることが多く、国会に拘束されることで国益が損なわれないようにするという配慮から置いたものです。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

まとめ

国務大臣は、議院から求められたら「必ず」出席しなければならない、としっかりと規定されていることはおわかりいただけたでしょうか。こうやって、「政府をしっかりと監視できる」ようになっているのが今の憲法です。

改憲草案ではそこから逃げられるような文言を追加しています。さすが自民党というべきでしょうか。よほど都合の悪い自民党員が多そうですね。

目次
閉じる