【日本国憲法第71条の解説】内閣総辞職後の空白期間はどうなるのか

日本国憲法第71条

こちらは日本国憲法第71条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第71条【総辞職後の職務続行】

意訳

第69条または第70条によって内閣総辞職をおこなった後も、新しい内閣総理大臣が決まるまでは、そのまま職務を続けること。

原文

前二条の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ。

この第71条が伝えたいポイント

政治を止めないための決まり事です。
「総辞職したその瞬間にお役御免」となるわけではなく、次の新しい内閣が決まるまでは引き続き仕事(政治)をしっかりと続けていかねばなりません。

自民党による改正草案について

特に変更はありません。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第71条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第71条を更に深堀してみよう

この条文に関しては、そのままです。

政治に空白期間ができないよう、辞職が決まったとしても、
次の新しい内閣が決まるまでは引き続き仕事を行います。

なお、「前二条」とは第69条と第70条のことです。

後記

いわゆる引継ぎについても、憲法にてしっかり定められています。
空白期間を作らないために、ですね。

この第71条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

この第71条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる