【日本国憲法第71条の解説】総辞職後の空白期間はどうなるのか

日本国憲法第71条

日本国憲法第71条は、内閣総辞職後の空白期間について規定されています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第71条【総辞職後の職務続行】

前二条の場合には、内閣は、あらたに内閣総理大臣が任命されるまで引き続きその職務を行ふ。

第71条の解説

第69条または第70条によって内閣総辞職を行った場合、後任の内閣総理大臣が任命されるまでは、現内閣がそのまま職務を続けること。

■要点

「総辞職」した瞬間に内閣が不存在になるわけではありません。
そうしないと政治が止まってしまいますものね。

なので、総辞職した後も、次の内閣ができる日までは現内閣がそのまま職務を遂行するよう規定されています。

※参考:前2条とは

自民党による憲法改正草案との比較:草案第71条

前二条の場合には、内閣は、新たに内閣総理大臣が任命されるまでの間は、引き続き、その職務を行う。

まとめ

総辞職したとは言っても、次の内閣に引き継ぐまではきちんと職務を遂行しろよ、ということですね。

目次
閉じる