【日本国憲法第77条の解説】最高裁判所が持つ絶大な権限について

第77条は最高裁判所の持つ権力について規定されています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第77条【最高裁判所の規則制定権】

最高裁判所は、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。


検察官は、最高裁判所の定める規則に従はなければならない。


最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができる。

第77条の解説

最高裁判所は、以下のことについてのルールを独自に決める権限を持っている。

  • 裁判に関する手続きのルール
  • 弁護士に関するルール
  • 裁判所の内部規律
  • 司法事務処理に関するルール


検察官は、最高裁判所が決めたルールに従わなければならない。


最高裁判所は下級裁判所に関するルールを決める権限を持っているが、その権限を下級裁判所に任せることができる。

■要点

これは規定そのままの通りで、最高裁判所へ与えられた権限は絶大なものです。
これは、「司法権」として独立させたからこそ許されている権限だとも言えます。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第77条

最高裁判所は、裁判に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項について、規則を定める権限を有する。


検察官、弁護士その他の裁判に関わる者は、最高裁判所の定める規則に従わなければならない。


最高裁判所は、下級裁判所に関する規則を定める権限を、下級裁判所に委任することができる。

まとめ

憲法によって最高裁判所に与えられた権限というのは、思っていた以上に強いものでしたね……。だからこそ、やっぱり裁判官がどんな人なのか、を私たち国民はきちんと見ていかなければならないのだろうと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる