【日本国憲法第83条の解説】財政民主主義について規定した条文

日本国憲法第83条

第83条は「財政民主主義」について規定されている条文です。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第83条【財政処理の要件】

国の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない。

第83条の解説

国(国家)のお金に関することは、国会で決めなければならない。
そして、政府は国会の決まりに沿った使い方をしなければならない。

どんな形で税金を集めるのか?
どこにどれだけの予算を充てるのか?

そういったことはすべて国会の承認を経なければならない、といったことを示した条文です。
そして、これを「財政民主主義」といいます。

■要点:なぜ「財政民主主義」?

国家の活動には莫大なお金がかかっていることはご存知のことと思います。
では、その財源はなんでしょうか?

そうです、私たち国民の税金が中心となっています。

ですから、政府は国民の意見に従ってお金を使わなければなりません。
そういったことから、「国会(国民の代表の集い)」でお金の使い道を決めることが憲法で定められているのです。

そうしなければ、時の政府が自分たちだけに都合のいいように使うこと(=独裁政治)を許してしまうことになりますから。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第83条

国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これを行使しなければならない。

2(※新設)
財政の健全性は、法律の定めるところにより、確保されなければならない。

まとめ

国の財源のほとんどは私たちの税金であること。
だからこそ、そのお金の使い道は国会で議論して決めなければならないこと。

ということは、お金を正しく使おうとしてくれる(国民のために使おうとしてくれる)人たちを、自分たちの代表として国会に送らなければいけない、ということですよね。

こういった意味でも、選挙で誰に投票するかということがどれだけ大切かということを少しでも理解して、調べること・投票にいくことを当たり前だと思う人たちが増えてくれると嬉しいです。

目次
閉じる