【日本国憲法第88条の解説】皇室の財産とは?皇室維持費とは?

日本国憲法第88条

第88条は皇室の財産や費用に関する条文です。
具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第88条【皇室財産及び皇室費用】

すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。

第88条の解説

皇室の財産は国のものである。
皇室を維持する・皇室に関する費用は国家予算に計上し、国会の議決を経なければならない。

皇室に関する費用は国民の税金によって賄われているため、国会に議決を必要とします。

■要点

「国民の税金によるものだから」以外にも理由があります。
具体的には第8条にも規定されているのですが、皇室に財産ひいては権力が集中することを防ぐためです。いわば戦前の反省ですね。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第88条

全て皇室財産は、国に属する。全て皇室の費用は、予算案に計上して国会の議決を経なければならない。

まとめ

皇室に膨大な財産が集中していた戦前の反省を踏まえた結果とも言えるこの規定。
逆に言えば、内閣や国会の考え方によっては皇室の権力を左右することができてしまうとも言えるのか……とも思いました。

これらも国民の税金によるものだということはしっかり忘れないようにしたいものですね。

目次
閉じる