【日本国憲法第88条の解説】皇室の財産とは?皇室維持費とは?

日本国憲法第88条

こちらは日本国憲法第88条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第88条【皇室財産及び皇室費用】

意訳

皇室の財産は、すべて国のものとする。皇室にかかる費用は、毎年国の予算として国会で決めなければならない。

原文

すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。

この第88条が伝えたいポイント

皇室が特定の人物・団体と結びついて不当な関係や利害関係が発生することを防ぐための条文です。
また、国民の税金でもあるため、国会を通じて国民の監視を必要としています。

自民党による改正草案について

このこの条文については変更なしです。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第88条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第88条を更に深堀してみよう

要点:財政民主主義に基づいている

皇居や皇室が戦前まで所有していた山林等の土地等、今は全て「国のもの」となっています。

明治憲法(大日本帝国憲法)時代は、政府は皇室の財産には口出しできない仕組みになっていました。
更に、皇室が大財閥化するような制度にしていたのです。こうして皇室は大きな権力も持てるようになりました。
その結果が……です。

こういった反省を踏まえて、皇室の財産について規定されたのが第8条、そしてこの第88条です。

第8条では、天皇側に向けて「財産を好き勝手にすることはできないぞ」と言っています。
この第88条では国の財政としての扱い方について書かれています。

かつて、財産は皇室の独断で自由にできていましたが、
今では皇室の予算は必ず国会で予算をたてて、政府が皇室に必要な分だけを支払うという形になりました。

このようにして、皇室の財政にも財政民主主義第83条)を適用しているのです。

後記

皇室に膨大な財産が集中していた戦前の反省を踏まえた結果とも言えるこの規定。
逆に言えば、内閣や国会の考え方によっては皇室の権力を左右することができてしまうとも言えるのか……とも思いました。

そういう意味でも、政権(政治家たち)が天皇及び皇室をどのように扱いたがっているのか、というのも
考えていかなければなりません。

この第88条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

この第88条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる