【日本国憲法第90条の解説】会計検査、本来は内部告発の役目を果たすもの

日本国憲法第90条

第90条は会計検査について規定されています。
会計検査とは?内部告発の役目とは?
さぁ、具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第90条【会計検査】

国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。


会計検査院の組織及び権限は、法律でこれを定める。

第90条の解説

国の収入や支出が適切に行われてるかどうかは、会計検査院が毎年すべてチェックする。
その結果は、翌年度の国会にて、内閣が報告しなければならない。

なお、その会計検査院の組織体制や権限ついては、別途法律(会計検査院法)にて定めるものとする。

■要点①:会計検査院の仕事

せっかく国会で予算を決めても、それらが適切に使われているかどうかをチェックする組織がなければ意味がありませんね。その役目を果たしているのが「会計検査院」です。
この会計検査院も、余計な干渉を受けないように他の政府機関から独立しています。

仕事としては大体以下の通りです。

  • 官公庁の決算の検査
  • 国が補助金等で財政援助している独立行政法人等に対しても検査
  • 検査結果を報告書としてまとめる
  • 報告、指摘

不正だけではなく、無駄遣いについてもどんどん指摘しています。
また、実はそういった「金額」に対してだけではなく、事業案に対しても改善や策定、見直しの進言も行っています。

■要点②:内部告発とは

実は、会計検査院はサイト上にて情報提供を受け付けています。
もちろん、いわゆる内部告発もです。そのサイトから、該当文章を引用します。

会計検査に関する情報を受け付けております。

会計検査院の検査対象である国や国が資本金を出資している法人、国から補助金を受けている都道府県・市町村・その他の団体などの事務・事業や会計経理について、不適切、不経済、非効率、効果不十分などと思われる事態がございましたら、情報をお寄せください。会計検査の参考とさせていただきます。

会計検査院のウェブサイトより

職員の不正行為等はこういったところからの告発で判明しているものもあるのかもしれませんね。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第90条

内閣は、国の収入支出の決算について、全て毎年会計検査院の検査を受け、法律の定めるところにより、次の年度にその検査報告とともに、両議院に提出し、その承認を受けなければならない。


会計検査院の組織及び権限は、法律で定める。

3(※新設)
内閣は、第一項の検査報告の内容を予算案に反映させ、国会に対し、その結果について報告しなければならない。

まとめ

会計検査院は国のお金に対する最後の番人というところでしょうか。
内閣の権力に左右されることなく頑張って欲しいものですね。
国民の税金が正しく使われているのかを厳密にチェックできる機関ですし。
報告書を読むと、

「計画が適切でなかった」
「事業の目的を果たしていない」
「契約額が割高である」

等々、なかなか色々な無駄遣いに関する指摘が入っていることがわかります。
また、事業案の仕組みの改善等の進言も行っている組織なので、本当に頑張っていただきたい……!

目次
閉じる