【日本国憲法第86条の解説】予算作成は単年度主義である

第86条は予算作成について規定されている条文です。
この条文はそのままの意味です。

目次

条文:第86条【予算の作成】

内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

第86条の解説

内閣は、会計年度ごとに予算を作成しなければならない。
そしてそれは国会に提出し、議論し、議決されるという過程を経なければならない。

■要点

ここでいう、国家予算の会計年度は「4月1日~3月31日」です。(財政法第11条)
1月中に内閣が予算を決め、2~3月に衆議院・参議院の予算委員会での審議・決議を経て決まります。

なお、予算は単年度主義であるため、原則として余ったお金を翌年度に持ち越すことができません。使いきれなかった費用は「不用」とすることが建前となっています。

また「この計画は数年掛かりのものだから、翌々会計年度の予算も決めましょう!」ということもできません。

ですが、さすがにすべての予算においてそのようなことを行うのは無理がありますよね。
なので、一定の条件のもとであれば次の会計年度に繰り越して使用することを認めています。(繰越制度)

自民党による憲法改正草案との比較:草案第86条

内閣は、毎会計年度の予算案を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。

■変更点

■自民党による言い分

複数年度にわたる予算に関することを憲法上で明確にした理由を以下のように述べています。

現行制度でも認めている繰越明許費や継続費などを憲法上認めるとともに、いわゆる複数年度予算についても、法律の定めるところにより実施可能とするものです。

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

–>

まとめ

かつて、年度末になると道路工事がいきなり増えるとかそういったことが言われていましたが、それも「基本的に繰り越せないから、予算を使い切るべく」ということも一因でしょうね。
(ちなみに、個人的にはインフラは常に整備されているか、何か不具合があればすぐに修理できる余裕がある方がいいと思っています。なので、インフラの整備に適切に使われている限り、批判意識はないです。)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる