【日本国憲法第17条の解説】公務員の不法行為による損害の賠償

第17条では、公務員によってなんらかの被害を受けた場合、国や公共団体にその賠償を求めることができますよということが書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第17条【公務員の不法行為による損害の賠償】

何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第17条の解説

誰でも、公務員の不法行為(悪いこと等)によって損害を受けたら、法律によって、国や公務員から償ってもらうことを求めることができる。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第17条

何人も、公務員の不法行為により損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は地方自治体その他の公共団体に、その賠償を求めることができる。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる