【日本国憲法第16条の解説】役所に願い出る権利は誰にでもある

日本国憲法第16条

第16条では、願い事や希望、不平不満や変えて欲しいこと等があれば役所へ願い出る権利があるということが書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第16条【請願権】

何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

第16条の解説

誰でも、困ったことやお願いしたいことがあれば、どのようなことでもそれを伝える(請願する)権利を持っている。(損賠賠償でも、公務員をやめさせることでも、法律等の決まりを作ってもらったり、廃止や改正でも、なんでも)
そして、請願したがために差別されたり批判されたりすることはない。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第16条

何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願をする権利を有する。


請願をした者は、そのためにいかなる差別待遇も受けない。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

目次
閉じる