【日本国憲法第6条の解説】内閣総理大臣は天皇の任命によって就任する

日本国憲法第6条

【お知らせ】
改正草案においては、組み換えや新設が多いため別記事(作成中)にしました。
この記事においては現憲法の説明のみにとどめています。

こちらは日本国憲法第6条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第6条【天皇の任命行為】

意訳

天皇は、国会が決めた人を内閣総理大臣に任命(その役職に就くよう命令)する。

2
天皇は、内閣が決めた人を最高裁判所の長官に任命する。

原文

天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

2
天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

この第6条が伝えたいポイント

内閣総理大臣、そして最高裁判所の長官だけは、天皇が任命することになっています。
ですが、あくまでも「形式」であり、天皇が選ぶことはできません。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第6条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第6条を更に深堀してみよう

要点①:なぜこの2つだけは「天皇の任命」によるのか?

日本国憲法を全部読んでも、天皇が任命するよう規定されているのは、

  • 内閣総理大臣
  • 最高裁判所の長官

だけです。

なぜこの2つだけなのでしょうか?
それは、この2つの役職がすごく重いものだからでしょう。

内閣総理大臣は、日本という国全体の政治の頂点に立ちます。
最高裁判所の長官は、憲法の番人の頂点です。

だからこそ、いくら天皇が象徴だと言えども、日本国民の感情からしたら天皇は重い存在でもあります。
天皇からの任命という重みを感じさせています。

※日本国憲法制定において、天皇をどうしても守りたかった日本側の感情に配慮し、
 天皇の人間宣言はしつつも、象徴として残すことにしました。
 ゆえに、これもまた日本国民の感情を利用した「任命制度」とも言えるでしょう。

要点②:ただし、選出は天皇ではない

内閣総理大臣そして最高裁判所の長官は、確かに天皇の任命によって就任します。

ですが、実際に「誰に就かせるか」を決めるのは天皇ではありません。

内閣総理大臣は国会が決めます(第67条
最高裁判所の長官は内閣が決めます(第79条

一応、天皇の任命とはいえ、天皇自体から権力は剥奪されています。

後記

明治天皇では強力だった天皇の権力を極力剥奪しつつも、
国民の感情のためにも作られた条文でもあるような気もします。

この第6条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

この第6条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる