【日本国憲法第74条の解説】法律及び政令への署名と連署について

日本国憲法第74条

日本国憲法第74条では、法律及び政令への署名や連署について規定しています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第74条【法律及び政令への署名と連署】

法律及び政令には、すべて主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。

第74条の解説

法律及び政令には、担当の国務大臣の署名はもちろんのこと、内閣総理大臣の署名も必要とする。

■要点

法律や政令を出すときは、担当の国務大臣の署名はもちろん必要ですね。
それだけではなく、内閣総理大臣の署名も連署として出すことを憲法にて定めているのです。

そうすることによって、内閣の責任を明確化しています。
第66条第3項の連帯責任にもつながります。

この法律や政令の内容は内閣もきちんと確認しましたね?そのうえで行政執行してくださいね?きちんと責任をとってくださいね?というような感じです。署名しなかったからといって無効になるということではありません。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第74条

法律及び政令には、全て主任の国務大臣が署名し、内閣総理大臣が連署することを必要とする。

まとめ

内閣の責任の明確化のために、法令や政令を出すときは担当国務大臣だけではなく、内閣総理大臣の署名も憲法にて規定されています。それほどまでに、内閣の責任というのは幅広く、そして重いものです。本当は……

目次
閉じる