【日本国憲法第72条の解説】内閣総理大臣の権力は強力である

日本国憲法第72条では、内閣総理大臣の権力の強さについて書かれています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第72条【内閣総理大臣の職務権限】

内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告し、並びに行政各部を指揮監督する。

第72条の解説

内閣総理大臣は以下の職務を行う。

  • 内閣を代表して議案を国会に提出
  • 一般国務や交友関係について国会へ報告
  • 行政各部の指揮監督

なお、これらは一応例示列挙されているだけであり、内閣を代表して行う職務はこの限りではないと考えられています。

■要点①:議案とは

国会にて決議されるべきとして、内閣側から発案される案件すべてを言います。
ほとんどは予算案と法律案です。

なお、予算案については第86条にて「内閣が予算案を作って、国会で議論する」よう規定されています。

■要点②:一般国務や外交関係とは

一般国務とは、行政事務すべてを言います。

外交関係は、例えばG20やサミットでは内閣総理大臣が国の代表として出席されていますが、そういったことを指しています。

■要点③:行政各部の指揮監督とは

分かりやすく言うと

  • 内閣総理大臣⇒会社の社長
  • 国務大臣(各省庁のトップ)⇒社内における各部門のトップ

といったところでしょうか。
内閣総理大臣は、それぞれの省庁のトップに対する指揮監督を行える権利を有しているということです。

一応、閣議決定が必要となっていますが、それでも、行政を滞りなく行うために随時指導や助言等の指示を与える権限も持っていることを、最高裁判所にて判断されたこともあります。(ロッキード事件)

自民党による憲法改正草案との比較:草案第72条

内閣総理大臣は、行政各部を指揮監督し、その総合調整を行う。


内閣総理大臣は、内閣を代表して、議案を国会に提出し、並びに一般国務及び外交関係について国会に報告する。

3(※新設)
内閣総理大臣は、最高指揮官として、国防軍を統括する。

まとめ

内閣総理大臣がいかに強い力を持っているか。
過去には、小泉純一郎元総理が、総理がやろうと思えば反対派を黙らせることなんてできるといった趣向の発言をしています。

また、宮澤喜一元総理は、絶大な権力だからこそ抑制的に行使しなければならないと考えていたこともわかっています。

使おうと思えばとことん使うことのできる権力。それをどう使うのか。どんな人が総理大臣にふさわしいのか。

よくよく考えていかなければならない、そう思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる