【日本国憲法第85条の解説】国の借金について規定された条文

日本国憲法第85条

第85条は国の借金について規定されている条文です。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第85条【国費支出及び債務負担の要件】

国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。

第85条の解説

国のお金を出したり、国が借金したりする場合は、国会で議決し、それに従う必要がある。

■要点

国の借金(国債)は、政府が勝手に行うことはできません。国会での決議を経る必要があります。

なお、国債は国民の借金である・いや違う……といった色々な情報が錯綜している感じなので、このあたりも勉強して、別途記事にします。しばしお待ちくださいm(__)m

自民党による憲法改正草案との比較:草案第85条

国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基づくことを必要とする。

まとめ

国債の発行についても、国会できちんと議論してほしいということはもとより、「国債」についての見解を統一してほしいというのが正直なところです。どうして錯綜してしまうんでしょうね?この辺りのからくりもわかるかな……

目次
閉じる