【日本国憲法第85条の解説】国費支出、国の債務負担について

日本国憲法第85条

こちらは日本国憲法第85条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第85条【国費支出及び債務負担の要件】

意訳

国の費用を使ったり、または国が借金したりする時は、そのことを国会で話し合い、その結果に従わなければならない。

原文

国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。

この第85条が伝えたいポイント

借金も含め、国に関するお金については、必ず国会で議決を採らなければなりません。
国会は、何に使うのか。またはどこから借りるのか。そういったことをきちんと調べ、理解し、
賛成・反対に意見をださなければなりません。 

自民党による改正草案について

特に変更はありません。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第85条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第85条を更に深堀してみよう

要点:国のお金は政府が好き勝手に使うことはできない

国の財源のほとんどは国民の税金によるものです。

だからこそ、たとえ1円であろうとも、

「何に使うのか」
「借金するのであれば、なんのために、どこから、どのぐらい借りるのか」

こういったことを、国会でしっかり議論して決めなければなりません。

後記

国会議員は、お金の使い道にも敏感でならなけばなりません。本来であれば。

今の国会で、国費の支出や債務について、どれだけ丁寧が議論が交わされているのでしょうか。

その結果はどうなっているのでしょうか。

この第85条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

この第85条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次