【日本国憲法第29条の解説】人の財産を奪ったりしてはいけない

日本国憲法第29条

第29条では、財産権について書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第29条【財産権】

財産権は、これを侵してはならない。


財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。


私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

第29条の解説

誰もが、人の財産を奪ったりしてはならない。勝手に奪われるようなこともあってはならない。

2 「財産権」とはどういったことをいうのか、それは公共に適するよう、法律で定める。

3 人の財産を公共のために使いたいのであれば、正当な補償を払うことによって認められる。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第29条

財産権は、保障する。


財産権の内容は、公益及び公の秩序に適合するように、法律で定める。この場合において、知的財産権については、国民の知的想像力の向上に資するように配慮しなければならない。


私有財産は、正当な補償の下に、公共のために用いることができる。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

目次
閉じる