【日本国憲法第35条の解説】警察であろうと勝手に他人の家の中に入る権利はない

日本国憲法第35条

こちらは日本国憲法第35条の解説記事です。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、
自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

前編・後編の2部構成としています。
基本的には前編だけでも、その条文の伝えたいこと、自民党提案の改正草案の中身(問題点)がわかるようにしています。
まずは前編でも是非読んでいただけたら嬉しいです。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、
興味のある方は最後まで是非。

更に深堀した内容は後編に書いていますので、興味のある方は最後まで是非。

目次

前編:日本国憲法第35条【侵入、捜索及び押収の制約】

意訳

令状がない限り、相手が誰であろうと、勝手に家の中に入りこんだり、家の中を探したり取り上げたりするようなことは絶対にしてはならない。なお、令状には捜索場所や押収物が明記されていなければならない。

ただし、第33条に基づく正式な逮捕に伴う捜索、または現行犯に関してはこの条文は適用されない。

原文

何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。

2
捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する格別の令状により、これを行ふ。

この第35条が伝えたいポイント

私たちの私生活・私空間の土台である「住居等」を、国家権力から守るための条文です。
国家権力であろうと、勝手に、他人の家の中に入り込んだり、家の中や持ち物等を探したり取り上げたりすることはできません。
事前に必ず令状を裁判官からとる必要があります。

自民党による改正草案について

わかりやすい文章に変更されていますが、内容はそのままです。

前編はここまでです。後編では更に詳しく解説していますので、興味のある方はよかったら是非!ちなみに、改正草案の原文も後編の方で記載しています。
この第33条と繋がりのある条文記事も是非!記事下にあります➡繋がりのある条文を見る

後編:日本国憲法第33条を更に深堀してみよう

要点①:住居の権利の保障

自分達の住まいは、完全にプライベートな空間です。
この空間を、国家権力の横暴によって不当に侵されることのないように定められた条文です。

独立した司法権である裁判官による令状がない限り、
相手が誰であろうと勝手に住居にあがりこみ、家の中を調べまわったり持ち帰ったりすることはできません。

つまり、ドラマで見るような「家宅捜索」の際は、必ず令状が必要だということです。

なお、その令状には日時、住所、捜索内容や物等が明記されている必要があります。

要点②:第33条に基づく逮捕に伴う侵入・捜索・押収は例外

第33条では、逮捕の際は令状が必要だということが書かれてます。

この「令状によって逮捕が確定である」、
言い換えれば「逮捕のための令状はとってある」状態の場合、
この第35条に従って家宅捜索のための令状を、別途用意する…という必要はありません。
そのまま家宅捜索に踏み込むことができます。

また、現行犯の場合も同様です。
現行犯を追いかけていて、犯人が家に逃げ込んだ場合にも令状なしに踏み込むことができます。
※勿論、第33条に従って、逮捕後速やかに令状を取る必要あり

改正草案原文:第35条

(住居などの不可侵)
何人も、正当な理由に基づいて発せられ、かつ、捜索する場所及び押収する物を明示する令状によらなければ、住居その他の場所、書類及び所持品について、侵入、捜索又は押収を受けない。ただし、第33条の規定により逮捕される場合は、この限りではない。

2
前項本文の規定による捜索又は押収は、裁判官が発する各別の令状によって行う。

わかりやすい言葉に置き換えられていますが、意味に変更はありません。

後記

刑事ドラマでよく見るような台詞、

「家宅捜索だと?令状はとったのか?!」
「家の中を調べたければ、令状を持ってきてください」

等々。
これはこの第35条によるものだということがわかりましたね!

また、現行犯を追いかけている場合、
家の中に逃げ込まれた時に警察もそのまま家の中に入っていますが、
それが可能な理由も、この第35条にて書かれていました。

このようにして、不当に逮捕されない権利も私たちは持っています。
そしてこれほどまでに、国家権力は憲法によってがんじがらめにされているのです。

第99条にて、国家権力は憲法を尊重すべきだと明記されていますしね。

この第35条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。
(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

この第35条とも繋がりの深い条文は以下の通りです。(リンクの文章は記事のタイトルではなく、関連がわかるような紹介文にしています)
興味のあるところを是非。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる