【日本国憲法第35条の解説】警察であろうと勝手に他人の家の中に入る権利はない

日本国憲法第35条

第35条では、たとえ警察であろうと何であろうと正当な理由なく他人の家に入る権利はない、ということについて書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第35条【侵入、捜索及び押収の制約】

何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。


捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する格別の令状により、これを行ふ。

第35条の解説

正当な理由によって発行された書類がない限り、家の中に入りこまれたり、家の中を探されたり取り上げられたりするようなことは絶対にあってはならない。なお、その書類には、該当する場所や調べたり取り上げたりするものが明記されていなければならない。(第33条=現行犯)

2 捜索や押収は、裁判所が発行した書類が必要である。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第35条

何人も、正当な理由に基づいて発せられ、かつ、捜索する場所及び押収する物を明示する令状によらなければ、住居その他の場所、書類及び所持品について、侵入、捜索又は押収を受けない。ただし、第33条の規定により逮捕される場合は、この限りではない。


前項本文の規定による捜索又は押収は、裁判官が発する格別の令状によって行う。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

目次
閉じる