【日本国憲法第47条の解説】議員の選挙に関することは法律で決めること

日本国憲法第47条

日本国憲法第47条は、衆議院・参議院の選挙について規定されています。
では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第47条【議員の選挙】

選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。

第47条の解説

選挙区や投票の方法等、衆議院・参議院の議員選挙に関することは法律の方で決めること。

■要点

選挙の仕方に関することは、憲法でなくて法律で定めています。
憲法ではなく法律の方で定めさせることによって、時代の流れに沿った選挙の仕方に変えやすくする目的があったのだろうと思います。

※憲法は日本で一番強い決まり事であるがゆえに、おいそれと改憲することはできません。

自民党による憲法改正草案との比較:草案第47条

選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律で定める。この場合においては、各選挙区は、人口を基本とし、行政区画、地勢等を総合的に勘案して定めなければならない。

まとめ

今の日本の選挙については別途解説記事を作る予定です。(衆議院議員総選挙までに間に合わせたい……)

しかし、一票の格差や自民党に有利な感じの今の選挙の方法はやはり問題があるので、変えた方がいいのだろうと思っています。

目次
閉じる