【日本国憲法第14条の解説】日本国民は法の下では誰もが平等である

日本国憲法第14条

第14条では、日本国民は誰もが、法律の下では平等であるのだ、ということが書かれています。
具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第14条【平等原則、貴族制度の否認及び栄典の限界】

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。


華族その他の貴族の制度は、これを認めない。


栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

第14条の解説

国民はみな、平等である。人種、信条、性別、身分、家柄によって差別されることはない。政治からも社会からも。

2 華族や貴族制度を認めない。

3 どんな栄誉や勲章にも、特権はもたない。また、そういった栄誉や勲章に関する影響は、それをもらった本人のみであり、子孫には関係ない。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第14条

全て国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、障害の有無、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。


華族その阿tの貴族の制度は、認めない。


栄誉、勲章その他の栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

目次
閉じる