【日本国憲法第19条の解説】心の中は自由であり、民主主義の土台でもある

日本国憲法第19条

第19条では、心の中は自由であり、周りから押し付けられるものではないということが書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第19条【思想及び良心の自由】

思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

第19条の解説

心の中は自由である。どんな思想や世界観を持っていたとしても、心の中で考えている限りは自由である。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第19条

思想及び良心の自由は、保障する。

(※新設)
何人も、個人移管する情報を不当に取得し、保有し、又は利用してはならない。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

目次
閉じる