【日本国憲法第26条の解説】教育を受ける権利と受けさせる義務

第26条では、教育に関することが書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第26条【教育を受ける権利と受けさせる義務】

すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。


すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

第26条の解説

国民は誰でも、自分の力のある限り、教育を等しく受ける権利がある。

2 両親等大人たちは、子どもに必ず教育を受けさせなけばならない。受けさせなければならない教育は法律にて定められている。そしてこういった義務教育にかかる授業料等はすべて無償である。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第26条

全て国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、等しく教育を受ける権利を有する。


全て国民は、法律の定めるところにより、その保護する子に普通教育を受けさせる義務を負う。義務教育は、無償とする。

3(※新設)
国は、教育が国の未来を切り拓く上で欠くことのできないものであることに鑑み、教育環境の整備に努めなければならない。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる