【日本国憲法第27条の解説】すべての国民には働く権利がある

第27条では、働く権利、そして働く義務につて書かれています。学問の自由について書かれています。では具体的に見ていきましょう。

目次

条文:第27条【勤労の権利と義務、勤労条件の基準及び児童酷使の禁止】

すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。


賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。


児童は、これを酷使してはならない。

第27条の解説

国民は皆、働く権利があり、そして義務がある。

2 賃金や就業時間、休憩等、人を働かせるための決まりは、別途法律で決める。

3 子どもをこき使うことは許されない。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第27条

全て国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。


賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律で定める。


何人も、児童を酷使してはならない。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる