【日本国憲法第15条の解説】公務員は国全体・社会全体のために働きなさい。

日本国憲法第15条

第15条では、公務員の在り方について書かれています。
具体的に見ていきましょう。この第15条にて書かれている内容をしっかりと理解している公務員はどれだけいるのでしょうか?ということもあわせて是非。

目次

条文:第15条【公務員の選定罷免権、公務員の本質、普通選挙の保障及び投票秘密の保障】

公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。


すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。


公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。


すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第15条の解説

よい公務員を選び、悪い公務員を辞めさせることは、国民の権利である。

2 公務員は、国全体・社会全体のために働くものである。ある一部の特別な人のためだけのものではない。

3 公務員の選挙は、成年であれば誰でも投票できる。

4 誰に投票したかは秘密である。誰に投票したとしても、その選択を非難されることはない。

■要点

自民党による憲法改正草案との比較:草案第15条

公務員を選定し、及び罷免することは、主権の存する国民の権利である。


全て公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。


公務員の選定を選挙により行う場合は、日本国籍を有する成年者による普通選挙の方法による。


選挙における投票の秘密は、侵されない。選挙人は、その選択に関し、公的にも私的にも責任を問われない。

■変更点

■自民党による言い分

あれば

(日本国憲法改正草案Q&A増補版より引用)

■問題点

まとめ

目次
閉じる